がん治療について|今注目されている免疫細胞療法【がん治療の内容を知る】

がん治療前に必要なものや高額療養制度について

がん治療について

患者

局部療法

人によりがんができる部位は異なりますが、局部療法は病巣が限られているケースや、がん自体にフォーカスした治療法となります。例えば、手術で病巣を切除したり、放射線でがんにダメージを与える放射療法などがあります。

全身療法

がんは、転移することも少なくありません。病巣が複数確認できるケースや、既にがんが全身にまで影響しているケースなどには全身療法が用いられます。例えば、抗がん剤を利用する化学療法や、免疫細胞療法などが全身療法となります。

がん治療の入院時に必要なもの

  • 病院の診察券
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • お薬手帳
  • 外来で処方されている薬と薬の処方箋
  • 限度額適用認定証(必要に応じて)
  • 食事療養費の標準負担額減額認定証(必要に応じて)

がん治療で利用したい高額療養制度

高額療養制度とは

がん治療では高額な医療費が発生します。治療が増えると自己負担額も高くなりますし、経済的に困ってしまう可能性もあります。高額療養制度を利用すれば費用の負担を軽減することができ、自己負担額を越えた場合は払い戻しを受けることも可能です。

保険に加入していることが最低条件

高額療養制度を受けるためには、保険に加入している必要があります。国民健康保険や社会保険など、必ず何かしらの保険に加入していることが必須なのです。万が一、保険料の滞納や加入していない場合は、高額療養制度が利用できないこともあります。

対象となる医療費とは

高額療養制度では、対象の医療費が決められています。1つめは「保険が適用されている治療費」。2つめは「保険が適用されている薬剤費」です。高額療養制度ではいろいろな条件が決められているため、事前に詳しい内容を確認するようにしましょう。

広告募集中