乳がん検診の重要性|今注目されている免疫細胞療法【がん治療の内容を知る】

年々増えている

年々増加傾向にある乳がん。日本人女性の12人に1人は乳がんが発症している統計もあるほどです。乳がんは放置していると転移するリスクが高くなるため、早期発見のためにも日頃から検診を受けることが大切なのです。最近では、検診を受けることを広める運動をしているところもあり、手軽に乳がん検診が受けられるようになってきています。

乳がん検診を受けるまでの流れ

予約

乳がんの検診を受けたい場合は、乳がん検診を行なっている医療機関へ予約をしましょう。最近は乳がんが高い注目を浴びていることもあり、多くのレディースクリニックや婦人科などの医療機関で乳がんの検診が行なわれています。

検診

予約を入れた当日に来院して検診を受けることになります。問診や視触診検査などからスタートし、超音波によるエコー検査や、マンモグラフィ検査などを受けることになります。ただし、年齢や体調によって検査項目が変わることもあるので確認しましょう。

結果

全ての検診が終了した後は、結果を聞くだけになります。診断結果に何も異常がない場合は問題はないですが、異常が見つかった場合は治療を受ける必要があります。乳がんは早期発見が重要となるので、定期的に検診を受けるようにしましょう。

乳がん検診の重要性

診察

セルフチェックの習慣

乳がんを早期に発見するためには、日頃から体の状態を把握することが大切です。入浴前や入浴中などに自身の乳房や乳頭に異常がないか調べましょう。また、おやすみ前にはわきの下に手を入れて、しこりがないかをチェックしましょう。

異変に気付いたら

日頃からセルフチェックを行なっていると、小さな変化にもすぐに気づくことができるでしょう。異変に気づいたらそのまま放置せずに、専門機関へ問い合わせて早めに乳がん検診を行なうことが大切です。そのため、自身の体の状態を把握することから始めましょう。早期発見できれば、治療も早めに終えることができます。

広告募集中