通常のがん治療と免疫細胞療法を併用させた治療

選択できる治療法

近年日本では食道がんや乳がんなど、様々ながん問題が深刻となっています。ですが、最近は乳がん検診といった検診を進める運動が頻繫に行なわれていたり、また医療技術が年々発達しているために、いろいろながん治療が増え、選択の幅も広がっています。そこで、抗がん剤治療と免疫細胞療法のメリットについて比較しましょう。

2つの治療法を比較する

免疫細胞療法

世界的に高い注目を集めている免疫細胞療法。免疫細胞療法は免疫力を向上させる治療法として知られていましたが、現在はがん細胞を攻撃するメカニズムも明らかになっている程です。費用が高額となる問題はありますが、体の負担を軽減して治療を進めることができるでしょう。

抗がん剤治療

がん治療の中でも一般的に知られている抗がん剤治療。がんが全身に広がっている場合でも、抗がん剤治療は有効だとされています。ただし、副作用が起こるため辛い症状に苦しむ人もいます。ですが、高い効果に期待ができる治療だと言えるでしょう。

がんの種類はいろいろ

一口にがんと言ってもいろいろな種類があります。また、性別によってなりやすいがんの種類も異なります。がんの治療が遅れると命に関わるため早期にがん治療を開始するのが必要不可欠です。そこで、男女共通で多いがんのランキングを見てみましょう。

日本人に多いがんランキング(男女共通)

no.1

肺がん

がんの中でも死亡率が高いのが、肺がんです。肺がんはがんの中でも広く知られているため、一度は耳にしたことがある人も多いでしょう。特に、タバコを吸っている人は肺がんになるリスクが高まりますし、副流煙などで周りに影響を及ぼすこともあるため気をつけましょう。

no.2

胃がん

肺がんに続いて死亡率が高いのが、胃がんです。胃がんは生活習慣が大きく関係してきますが、その中でも注意したいのが塩分の多い食事です。また、ピロリ菌に感染するとがんが進行するため注意が必要です。ですが、最近は胃がんになる人が減少している傾向にあるとも言われています。

no.3

大腸がん

現代は食の欧米化が進んでいることにより、栄養バランスを崩した食生活を送る人が増えています。大腸がんは女性のがんの中でも死亡率が高くなっていますし、食生活だけでなく、飲酒も関係していると言われています。また、大腸がんになるのは40代後半が多いとされています。

がんを治療する

ハートと人

抗がん剤治療と免疫細胞療法を併用

抗がん剤は副作用が起こることでも知られています。ですが、免疫細胞療法を併用することで副作用を軽減させる効果に期待ができるでしょう。最近は免疫細胞療法を併用する治療も浸透してきているため、医師と相談して決めることが大切です。

放射線療法と免疫細胞療法を併用

放射線療法を受けることでがん細胞にダメージを与えることができます。ですが、がん細胞が生き残り成長するケースもあります。がん細胞を攻撃するためにはリンパ球の働きが重要となりますが、活性化リンパ球療法を組み合わせることで、効率の良い治療に期待ができます。

広告募集中